【整骨院|福岡】交通事故のむち打ち治療・ゆがみ解消の骨盤矯正=福岡市の佐々木整骨院

整骨院:福岡 佐々木整骨院福岡市整骨院
福岡市整骨院 交通事故・福岡市整骨院
骨盤矯正 福岡市
交通事故・福岡市整骨院
スポーツ障害 福岡市整骨院
テーピング福岡市整骨院
福岡市整骨院 活動


交通事故の治療・福岡市整骨院
交通事故の治療・中央区整骨院
交通事故の治療・中央区整骨院

佐々木整骨院 福岡市
福岡県福岡市中央区
小笹3丁目7番5号
福岡市中央区小笹092-521-4595

受付時間
交通事故の治療・中央区整骨院

休診日
年中無休
※盆・正月・GWは休み

駐車場
福岡市中央区佐々木整骨院 専用駐車場
・整骨院ビル敷地内
・整骨院の隣に専用駐車場

交通アクセス
西鉄バス:小笹下車
福岡の整骨院での症状・治療
福岡市中央区整骨院首・肩の痛み(腱板損傷) 福岡市中央区整骨院肘の痛み(テニス肘)
福岡市中央区整骨院首・肩の痛み(胸郭出口症候群) 福岡市中央区整骨院肘痛み(野球肘)
福岡市中央区整骨院首・肩の痛み(頚椎椎間板ヘルニア) 福岡市中央区整骨院膝の痛み(半月板損傷)
福岡市中央区整骨院腰の痛み(腰部捻挫/ぎっくり腰) 福岡市中央区整骨院膝の痛み(関節水腫)
福岡市中央区整骨院腰・背中の痛み(腰椎椎間板ヘルニア) 福岡市中央区整骨院手の痛み(ガングリオン)
福岡市中央区整骨院背中の痛み(椎体圧迫骨折) 福岡市中央区整骨院手の痛み(バネ指/腱鞘炎)
福岡市中央区整骨院捻挫 福岡市中央区整骨院打撲

首・肩の痛み(腱板損傷)
首や肩の痛み・福岡の整骨院スポーツ・交通事故・肩の使い過ぎなどで肩甲骨と上腕骨をつなぐ筋肉の損傷によって起こります。
【 症状 】
鋭い痛み・運動痛・腕を横に60〜120度に上げると痛みが出ます。夜寝ているときに痛みが増強する傾向があり、圧痛・運動制限がでることもあります。痛みが経過したものでは筋の萎縮がみられます。
【 治療方法 】
損傷時には安静・アイシング・テーピングによる固定をします。
炎症の軽減とともに経過をみながら適正な理学療法・電気治療・マッサージ・腕の曲げ伸ばしを行います。


首・肩の痛み(胸郭出口症候群)
首や肩の痛み・福岡の整骨院首周りの筋肉・鎖骨・第一肋骨の間を通る神経・血管が圧迫されることによりさまざまな障害が起こる症候群です。
【 症状 】
手の痺れ・腕の痛みやむくみ・腕の血流が悪くなりチアノーゼ・脈拍減弱または消失・筋の萎縮・麻痺が起こることがありあます。
【 治療方法 】
首周りの筋肉の緊張の緩和目的のストレッチ・理学的な電気治療・マッサージを行います


首・肩の痛み(頚椎椎間板ヘルニア)
首や肩の痛み・福岡の整骨院頸・背中・腰の骨と骨の間をつなぐ、弾力に富んだクッションの役割をはたしているのが椎間板です。椎間板のなかにある骨髄核が外へ飛び出した状態をヘルニアと言います。
スポーツ・外傷・加齢によりクッションの役割をはたしている椎間板が損傷し弾力性を失い、椎間板の中にある髄核が外へ飛び出し神経をつかさどる脊髄を圧迫することで様々な症状が起こります。
【 症状 】
肩の痛み・手の痺れ・感覚異常・筋力低下・健反射の低下などがみられます。
【 治療方法 】
頸のカラー固定・テーピング・理学療法的マッサージ・電気治療を行います。


捻挫
捻挫・福岡の整骨院関節を構成している骨と骨はコラーゲンを主成分とする靭帯というものでつながれています。靭帯は関節の安定を保つのに大切な役割をはたしています。
しかし、関節部分に生理的可動域を越えた過度な運動力が強制された場合、様々な程度の靭帯損傷をきたします。このうち骨折や脱臼を伴わないものを捻挫といいます。
【 治療方法 】
程度によってT〜V度に分けられますが、損傷直後は基本的に冷却と圧迫を行います。
痛みの具合、腫れ方を見ながらテスト法などにより関節の不安定性を確認させていただき、必要に応じてテーピング固定や副子固定を行います。
その後、状態が安定してからリハビリテーションに移行します。
捻挫は足関節に一番多く、次に膝・肩などで体重を支えたり日常生活でもよく使われる関節のため、きちんとした治療がなされなければ後遺症を残すことも少なくありません。


打撲
打撲・福岡の整骨院打撲とは筋損傷の分類の中でも直接外力を受け(直達外力)筋肉を損傷したものと定義されます。
筋肉の損傷はその程度によりT〜V度に分類されますが、筋の損傷は治癒しても瘢痕組織(しこりのようなもの)を残したり、筋肉部分に陥没を作ってしまったりと、その後の運動に障害を残すこともあります。
【 治療方法 】
治療において大切なことは、損傷直後よりできる限り血腫(筋肉内に血がたまること)を抑えることにあり、冷却してから包帯などで強めの圧迫を加えます。
その後、腫れが落ち着いてから電気療法と手技療法により筋肉の回復を待ちます。


肘の痛み(テニス肘)
テニス肘・福岡の整骨院テニス・ゴルフのスイングや家事などで腕を過度に使うことで、肘の外側にある筋肉が付着している骨のところに炎症がおこり痛みが生じます。
【 治療方法 】
マッサージ・電気治療・テーピングなどで固定など保存療法をおこないます。


肘の痛み(野球肘)
野球肘・福岡の整骨院多くは成長期の野球少年に起こりやすく、使い過ぎや投球ホームの誤りなどにより肘の内側部に痛みが生じます。
【 治療方法 】
マッサージ・電気治療・テーピングなどで固定など保存療法をおこないます。


手の痛み(ガングリオン)
手の痛み・福岡の整骨院手首の関節にできる腫瘍で多くは良性で症状のない事もありますが、若い女性に多くみられます。腱や神経を圧迫すると痛みを生じます。
【 治療方法 】
手首を固定したり電気治療などを行うことで、自然治癒するものもあります。


手の痛み(バネ指/腱鞘炎)
手の痛み・福岡の整骨院手(MP)関節の手のひら側にある、指を曲げる筋肉の腱が関節の狭い部分にひっかかり弾発現象(バネ指)が起こります。
手指の使い過ぎによる中年以降の女性に多くです。
【 治療方法 】
指を少し曲げ固定し3〜4日安静を心掛けます。


膝の痛み(半月板損傷)
膝の痛み・福岡の整骨院半月板とは膝関節の中にあり内側と外側の2つに分かれ、膝への衝撃を和らげるいわばクッションの役割をする軟骨組織です。その軟骨がジャンプした着地時や急な膝の回旋によりつぶれたり破損したりしてしまいます。
柔道や野球、バスケットボールなどのコンタクトスポーツに多くみられます。
特に内側の半月板には、靭帯の付着や半月板自体の可動性が少ないために負傷しやすいといわれています。
【 症状 】
関節内に血腫が溜まり圧痛や激痛、また半月板が割れて、はさまってしまうロッキングなどの症状があります。
【 治療方法 】
マッサージ・電気治療・テーピングなどで固定など保存療法をおこないます。


膝の痛み(関節水腫)
膝の痛み・福岡の整骨院関節水腫とは、膝などの関節に何らかの外傷や疾患・反復動作によって関節が疲労し炎症を起こしている状態です。炎症によって血漿成分や滲出液が関節液中に増量してしまって水腫となります。膝に水が溜まると腫れてきて馬蹄形をしめします。
【 症状 】
激痛や膨満感・不快感を訴えます。腫れがみられたら安静・冷却・圧迫・固定を行います。
【 治療方法 】
弾性包帯で圧迫し水腫の吸収を早めたり、大腿四頭筋の訓練などで関節の安定を取り戻します。


腰の痛み(腰部捻挫/ぎっくり腰)
腰の痛み・福岡の整骨院日常生活において頻繁に起こる損傷で、中腰で物を持ったりスポーツマンが競技中に発症したり重い荷物を運んだりする際に生じたりします。これは腰の骨及び腰の骨に付着する筋肉・靭帯が、瞬間的に制限された以上の過度の運動をした際に起こるもので、腰の骨と骨をむすぶ椎間靭帯および仙骨・骨盤骨を結ぶ靭帯が、一部断裂または相当部分が断裂し腰の周辺の筋肉が損傷を起こします。
【 症状 】
突然、腰部に痛みが走りグキッという音を聞くこともある。
身体の前後屈運動が制限される。
寝返りや中腰の姿勢で痛みが強くなる。
重篤になると歩行困難などの症状も出てくる。
【 治療方法 】
損傷直後は氷などをビニール袋にいれ、キッチンペーパーなどの上から1時間に15分くらい冷やし、炎症と痛みを抑えて安静にしなるべく動かさない。
3〜4日後からは患部を温めて血流をよくしマッサージや電気治療を行う。程度により、コルセットやさらしを使用する。


背中の痛み(椎体圧迫骨折)
背中の痛み・福岡の整骨院背骨が上下に圧迫を受け同時に前方に屈曲したときに起こります。しりもちをついたり、高所からの墜落・交通事故・または稀に重い物を持ち上げた際に背骨を構成する椎体が圧潰される場合もあり、とくに骨粗しょう症のある高齢者は容易に椎体圧迫骨折が生じやすいので注意が必要になります。第11.第12胸椎・第1腰椎に好発します。
【 症状 】
損傷した部分に相当する背部の中央に軽く腫れがみられます。
胸椎においては猫背になるなど背を伸ばせなくなることもあります。
腰椎においては前に行くカーブ(生理的前弯)が減少し扁平となるものが多い。
受傷まもなくのものは受傷部の棘突起に打痛・圧迫が著しく現れる。
まれに重症のものは脊髄麻痺を生じる。
【 治療方法 】
ギブス固定を約2〜3ヶ月間行いますが、その間に様々な体操をおこない背部・腹部などの筋肉を弱らせないようにすることが大切です。


腰・背中の痛み(腰椎椎間板ヘルニア)
腰の痛み・福岡の整骨院椎間板とは背骨と背骨の間にある軟骨のことで中央にゼラチン状の髄核、周囲にはコラーゲンを豊富に含む繊維輪から成り、この髄核や繊維輪の一部が突出した状態が椎間板ヘルニアです。
多くの動物は脊髄を重力に垂直に生活しているのに対し、人間は二足歩行であるため脊椎は重力と平行方向となります。このため二足歩行で生活する人間は椎間板に多くの負荷がかかります。可動性が大きい第4第5腰椎間・第5腰椎―第一仙骨間に多く比較的若年層の男性に多くみうけられます。
【 症状 】
通常、片側の足に痛みを感じることが多いが、真後ろへ突き出したヘルニアの場合は両側で症状が出現します。足の痛みは当該椎間板ヘルニアによる神経根圧迫により生じます。
腰痛・足の痛み・痺れ場合によっては浮腫まで見られ、足が上がらないくらいに重くなる事もあり、また障害された神経の支配領域に感覚障害を呈したり、運動神経の麻痺による筋力低下をきたすこともあります。腰の上部でのヘルニアでは腰痛や股間節痛を起こすこともあるが、それ以外では腰痛はおこさないのが典型的です。
【 治療方法 】
温熱療法などの保存的療法を行います。

提携医療機関
上記の症状をはじめ、お怪我の程度により、レントゲンなどの検査が必要な場合や、改善が見込めない場合は提携医療機関への紹介状をお書き致しますのでご安心ください。



佐々木整骨院 福岡
福岡県福岡市中央区小笹3丁目7番5号
福岡の整骨院092-521-4595