佐々木整骨院 福岡市

腰痛専門治療腰痛でお困りの方は福岡の佐々木整骨院にお任せください

仙腸関節炎

佐々木整骨院では、仙腸関節炎のスペシャリストが治療から日常生活のアドバイスまで行いますのでご安心ください。

仙腸関節炎とは

仙腸関節とは骨盤の中心にある仙骨が左右の腸骨に挟まれるように組み合わさってできている関節です。
前後左右に数ミリの可動域があり、背骨の動きと連動して動く仕組みになっています。この数ミリの動きの幅があることによって、背骨からかかってくる荷重や衝撃をうまく分散して逃がしています。
この仙腸関節の働きは、全身のクッション機能の要になっており、特に腰椎や膝などの下半身の関節への過重負担は、仙腸関節のクッションがどれだけ働いているかで大きく変わってきます。
この仙腸関節に負担がかかり炎症が起こることを仙腸関節炎といいます。

仙腸関節炎の原因

仙腸関節は機能異常を起こしやすく、中腰での作業、不用意な動作、繰り返しの負荷がかかることなどで発症することがあります。また足を組む、腰を捻るなど左右非対称の力が加わることも原因となります。
女性の場合は出産時、産道を緩めるホルモンの影響で仙腸関節を固定している靭帯が緩むのですが、出産後も緩んだままになってしまうことで発症する可能性が上がると言われています。

仙腸関節炎の症状

福岡市 仙腸関節炎 症状

仙腸関節部分の痛み

腰、臀部、下肢の痛み

仰向けで寝た時の痛み

長時間痛みで椅子に座れない

動き始めの痛み

上記のような症状があります。痛みは片方だけの場合もあれば、両方に出る場合もあります。正座をすると楽になる場合があります。これらの症状は椎間板ヘルニアなど腰の病気と間違えられやすいのでしっかりとした検査、診察が必要になります。

仙腸関節炎の治療方針

問診

最初に問診で患者様の症状、痛みが出たきっかけ、生活習慣、既往歴などをお聞きし、痛みの原因を探っていきます。

視診

腰だけでなくお身体全体を診させていただきます。
当整骨院では仙腸関節炎に限らずお身体に出てくる症状は内蔵の疲れや弱りの肩代わり症状としても考えるため各臓器からくる身体のゆがみ、ずれをチェックします。

触診・検査

炎症の有無や各関節の可動域を確認した上で、現段階でどれだけの動きが制限されているかなどを把握していきます。
また、腰椎椎間板ヘルニアなど他の疾患との鑑別をするために様々な検査も行っていきます。

施術

福岡市 治療 筋筋膜性腰痛

急性期に炎症が強く起こっている場合は患部のアイシングをして痛みを和らげていきます。
痛みが少し落ち着いたら、東洋医学の考え方に基づいて身体全体のツボを押さえ、乱れた気の流れを整えていきます。
ツボ押し治療でも十分に骨盤は整いますが、ずれが残っている場合は自身の体重・重力を用いて行う骨盤矯正やストレッチなど独自の方法によって身体全体のバランスを整えていきます。この時に、腰椎の原因となっている臓器に対してアプローチをすることで痛みの原因の根本改善を目指します。
その後のお身体の為に食養生など生活習慣についてもお話ししながら、症状の経過と共にお尻・もも裏などのストレッチや体操、体幹の筋力強化などの指導も行いながら再発防止に努めていきます。

アクセス

佐々木整骨院 福岡市 電話番号
佐々木整骨院 福岡市 駐車場
佐々木整骨院 福岡市 地図

福岡県福岡市中央区小笹3丁目7番5号
■交通機関
西鉄バス「小笹バス停」徒歩1分
■目印
小笹四つ角を桧原(長尾)方面に300m、マルキョウの並び、大きな当整骨院「専用駐車場」隣