佐々木整骨院 福岡市

腰痛専門治療腰痛でお困りの方は福岡の佐々木整骨院にお任せください

椎間関節症

佐々木整骨院では、椎間関節症のスペシャリストが治療から日常生活のアドバイスまで行いますのでご安心ください。

椎間関節症とは

脊椎(背中の骨)の後方、左右にある小さな関節のことを椎間関節といいます。
それらは、靱帯で繋がっており脊椎の動きをスムーズにしています。
その関節に対して何らかの刺激や変性、長期的な負荷がかかり徐々に変形、痛みが生じることを椎間関節症といいます。

椎間関節症の原因

関節内は、動きをスムーズにするため滑液という潤滑液で満たされており、それを外に出さないように関節包という袋のようなもので覆われています。
その中には痛みや刺激を伝える神経も通っており、椎骨の動きや過度な力、加齢による骨の変性の他に機械的刺激(外からの圧迫等)により神経が刺激される事が主な原因とされています。

椎間関節症の症状

頚・胸椎(首や背中)の椎間関節症

首の前後屈や回旋、体幹のちょっとした動きによって障害された椎間関節に痛みが生じます。
関連痛として首や肩、肩甲骨周りなど椎間関節から離れた部位に痛みが生じることもあります。
局所への施術を行っても治まったりしない場合は、椎間関節症の可能性を疑います。

腰椎(腰の骨)の椎間関節症

腰椎(腰の骨)に急激な力が加わって発症する、「ぎっくり腰」も椎間関節症が原因になる場合があります。
急性期には体を動かすことも困難なほど痛みが強く生じる場合があります。また、慢性の腰痛でも椎間関節である場合があります。
どちらも症状として体を動かしたときに「ズキッ」と鋭い痛みが出るのが特徴で、その他に多くの場合は腰を反らしたり、動かすことで痛みが強くなり特に座位から立ち上がる際に痛みが出やすいとされています。
関連痛として、臀部(おしり)や太ももにまで痛みが出る場合があります。椎間板ヘルニアとは異なり、足などに痺れが少ないことも特徴です。
椎間関節症が酷くなると椎骨(背骨)に側弯が生じてしまい、足の痺れが生じる場合があります。

椎間関節症の治療方針

福岡市 治療 椎間関節症

整骨院ではレントゲン等の画像診断を行うことができないため、問診を始め視診、触診、検査を行い椎間関節症の疑いがある場合は提携している整形外科へご紹介し、画像診断をして貰います。
その際に手術の適応がなく、症状が軽かったり変性が少なく経過観察の診断が出た場合は当院にて椎骨(背骨)に刺激を与え過ぎないよう周りの筋肉を解したり、佐々木式施術(全身のツボ押し)や骨盤の矯正を行って参ります。
また、鍼灸を用いて変性した関節を覆う関節包の炎症に対して施術を行うことで炎症を鎮めたり、周辺の筋肉への施術により過緊張からなる周囲の痛みも抑えることができます。

アクセス

佐々木整骨院 福岡市 電話番号
佐々木整骨院 福岡市 駐車場
佐々木整骨院 福岡市 地図

福岡県福岡市中央区小笹3丁目7番5号
■交通機関
西鉄バス「小笹バス停」徒歩1分
■目印
小笹四つ角を桧原(長尾)方面に300m、マルキョウの並び、大きな当整骨院「専用駐車場」隣